FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2013.01.31 (Thu)

38.6歳へ。

主な生息地がツイとなっております。すみません。更新頻度は激減。大した事も書かずに…って、それは前からか。

さて。



去年11月。赤坂にて、ぼく戦が開幕しました。東京千秋楽を迎え、12月の大阪公演、無事に終わりました。

そんな中で、思っていました。

東京公演に行かなかった慎吾。ドラマ撮影中でも行くだろうと思ってたのに行かなかった、行けなかった慎吾。大阪もスケジュール的に無理だったのでしょう、慎吾。確か、大阪公演中、スマショに現れたんでしたね。
ぴあの記者さんに1番のクサナギウォッチャーだと言われた慎吾が、この舞台を観ないわけがない!
そう、思っていました。ましてや、題材が題材だし。それを観ないわけがない。
うっすら思いました。
「そうか、慎吾の誕生日の時、剛は韓国にいるのか。だったら、いっその事、慎吾が韓国に行って観劇すればいいのではないか。東京でも大阪でも観れなかったのなら、剛の夢が叶う地で…。最高の誕生日プレゼントじゃないか」
それは、願望的希望でありました。

どれぐらい本気で思っていたのだろう。
国内のどっかで仕事してました、って言われても、「なんでいんだよww行けよww」と冗談めかして言っただろう(←ひどっ)。
行けよwwって思ってたけど、拝み倒すほど願ってただろうか。
たぶん、そこまでじゃない。
なーーーーんとなく、そうなればいいな、って、それぐらいの気持ちだったかもしれない。
とはいえ、全然本気じゃなかったか?と訊かれたら、そこそこ本気ではあった。


1/30。
今日のあたしはいつも通り仕事で、起きて、ご飯食べて、携帯弄って、時間になったから支度始めて、撮ってた物を見ながら化粧して。携帯から離れたのは30分ぐらいだっただろうか。出発する前に、ちょっと携帯見たら、あら、大変アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
いや、こんな↑状況じゃなかった。
動悸がして一気に胃痛がして何故か吐き気まで。
たった30分の間に。
しかも、立て続けに2つも。
呟く指が震えてた。これ、マジで。
テンチョモとは言い難い、呼び難い、妙なテンションで、ニヤけなのか引きつりなのかわからない顔をマスクで隠し、震える指を拳にし、ふわふわしたまま出発した。

今思えば、よく冷静に仕事できたな、と思う自分と、ひょっとして何かやらかしてんじゃないか?と不安になる自分がいる。
とはいえ、平静を装った、つもり。上がりっぱなしの口角はマスクで隠れていたはず。
上司の話にもうまい事付き合ったつもり。
仕事に集中してた時もあったと思う。
でも、ずっと、頭の中でぐるんぐるんしてたのが今日の印象。ほんと、あたし、ミスってないかしら。

仕事を終え、上司の話に付き合い、帰宅。しかし、すぐに用事があり、また出発。帰宅。夕食。
夕食、食べたような気がしなかった。せっかくのすき焼きだったのにな。明日もまた食べよう。

ぐるんぐるんとした頭ん中で、眠気と戦ったり、ぼーっとテレビを見たり、でも、片手の携帯は常に離さず充電ぎりぎり。



さて。前置きが長くなった。


本日、1/31は、慎吾の36歳のお誕生日。

漠然と思ってた事、漠然と願ってた事、希望してた事が、まさか実現するとは、夢にも思わなかった。

たぶん、36歳になった瞬間、慎吾は、韓国で、舞台を終えた剛にお祝いされていた、であろう。たぶん。
ひょっとすると、舞台の疲労と、明日以降への温存と、日ごろのリズムから寝てしまったかもしれない。
だとしても、わざわざ、わざわざ、韓国へと行った慎吾。
そんな慎吾が愛おしいじゃないか。

おやゆびみたいな痩せた慎吾よりも、ぷっくらしてる慎吾の方が好き。
ちょっとネガティブっぽい慎吾が好き。
黒うさ出てきちゃう慎吾が好き。
ちょっと体が弱い慎吾が好き。
繊細な慎吾が好き。
ヤンデレっぽいツンデレな慎吾が好き。
あたしたちの事を、愛してます!と言ってくれる慎吾を愛してる。

去年の札幌オーラスでの言葉、今でも忘れない。
みんなは経験しないと思う。5万人が待ってるというプレッシャー。押し潰されそうだった。と。
そういう事を言ってくれる慎吾が本当に愛おしい。
すまを好きな慎吾が好きだ。
すまでいる慎吾が好きだ。
慎吾が慎吾でいてくれさえいれば、それでいい。
慎吾が元気ならば、それでいい。
慎吾が笑顔でいてくれさえいれば、それでいい。
慎吾が幸せならば、それでいい。
それでいい。

36歳の貴方も、いつも笑顔でいられますように…。

慎吾、36歳のお誕生日、おめでとう゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*










さて。どうでもいい話を1つ。
この10何年、すま一筋だったわたしなのですが、何を思ったか、何がきっかけだったかも曖昧すぎて思い出せない、一目惚れが絶対に無いタイプのわたしなのですが、声優さんにハマりまして。だだハマりしてまして。
上の話で、支度し終えて携帯みたら2つも、って書いたんですけど。もいっこがね、ナカイの窓に平田さんが出ると。もう、窓のナレを平田さんがしてるってだけで、もう、それだけで十二分なんですけど、平田さんが出る!っていうね、もうね、これも、動悸の1つの原因だったりしました、はい。
しんつよと時間差だったら、また違ったんだろうけど、あの短時間でね、ほんと、携帯見てない30分の間に慎吾渡韓と窓の平田さんですからね。いやぁ、ほんっと。
あたし、今日という日を忘れないと思います、ぜったいに。





スポンサーサイト



02:26  |  すまさん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2013.01.15 (Tue)

恋と音楽in大阪(2013.1.11)(ネタバレ有)

2013.1.11(金)大阪へ日帰りで行ってきましたよ♪

大阪とあって、日帰りだったわけです。1/11~1/14まで大阪にて恋音上演、ということで。チケ取りから日程考慮してたわけですけれどもぉ。3連休だということで。考慮した結果、1/11、大阪初日に行くことにしたわけです。
で、折角、大阪に行く、という事で、ついで、ってことで、ワンピ展が大阪上陸してるってことで、ワンピ展にも行ってきたわけです。
折角、ワンピ展に行くって事で、札幌で連れて帰ってきたギフスマチョッパーマンを連れて行きました。


130111_1
↑↑↑ギフスマチョッパーマンが大阪ワンピ展にOJM!!!!!!

残念ながら、会場内は撮影NGということで、しっかりと記憶に残し、焼き付けてきました。
観終わって、出てきた時、感覚として、「1時間ぐらいかなぁ」と思って時計を見たらビックリ( ゚д゚) 2時間経過しておりました。
ネタバレになるので、あんま言えないんだけど…。
行ってよかったです。
まあ、コーナーの最初の方とか結構すごかったですし。
これ、もっと、ちゃんと見た方がよかったな、と後々になって思ったりもしました。
原画展示もすごかったです。

130111_2
↑↑↑見終わって出ると、グッズ販売・フード販売もあったりして。
購入したのは、図録、パンフ、Tシャツ、クリアファイル、ポストカードなどなどを購入しました。
手前は、冷たい飲み物だとロー、温かい飲み物だとベポ、サニーの中華まん。

130111_3
↑↑↑時間が空いたので、海遊館へ行きました。あたしは、何年振りだろ。10年以上ぶりかな?
去年、すみだ水族館に行ったりと。

130111_4
↑↑↑さくっと見終え退館し、一度森ノ宮へ行き、でも、時間をつぶせる所が見つけられなかったので、大阪駅へ。
ルクア内で食事を。中華です。

130111_5
↑↑↑食事を終え、森ノ宮へ戻り、森ノ宮ピロティホールへ。
新しい所だと思ったんだけど、外観はちょっと古めに感じたのは暗くなってたからかな。

19:00開演だったんだけど、5分ぐらいかな?遅れての開演となりました。

終演後、新幹線の時間があったので、結構急ぎ目で地下鉄乗り継いで新大阪へ。
なんとか取ってた新幹線に乗る事が出来、日付が変わる直前かな?日付変わって数分ぐらいかな?帰宅しました。

たった1日なんだけど、すっごい充実した1日でした。

ちょっとね、怒涛の年末で、札幌オーラスが終わって、やっぱ、大きなイベ、が終わって、ほんと、直前まで大阪って実感がわかなくて。あれよあれよという前に、大阪、みたいな。
うん。
めっちゃ、充実した1日でした。


舞台の感想。まだね、仙台公演が残ってるので一応隠します。
さくっとね、短めですけど、いちお、隠します。











02:02  |  遠征  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2013.01.02 (Wed)

GIFT from SMAP

たくさんのモノを、気持ちを、愛を、たくさんたくさんもらった。

ねぇ…?

あたしは、返せてますか?



2012年が終わりました。振り返るのはとても容易ではなく、振り返るだけで時間がかかるような。そんな1年でした。


突如、すまが出現した上海。慎吾が35歳。
朝ドラ主題歌決定。
明日へでのすまのパフォーマンス。MJのラスト。福島訪問。カミスン終了。
SDスタート。がんばります。医者僕。誕生日に始まったATARU。さかさま発売。
OJM。金環日食。スカイツリー。すますま桃本発売。
すますま赤本発売。ツアー&アルバム発表。
剛38歳誕生日ソロレコーディング。音楽の日。ツアー日程発表。27hTV。翌日火曜曲幕張生放送&収録。すますま青本発売。
Moment発売。GIFT of SMAP発売。スマステに健さん。中居さん四十路。ツアー初日福岡スタート。ツアー大阪。すますま黄本発売。
踊るFINAL公開。すますまJust Go!。ツアー名古屋。すますま緑本発売。
ツアー味スタ。セブンビストロコラボ。MONSTERSスタート。PRICELE$Sスタート。火曜曲放送事故。
ぼく戦初日。木村さん40歳。任ヘル公開。MONSTERS発売。ATARU SP発表。
ぼく戦国内上演終了。恋音初日。FNS歌謡祭。スマショオープン。吾郎さん39歳。私服本Ⅱ発売。MステSP→札幌→さんスマ→いいとも中抜け→札幌オーラス→雪合戦→怒涛の年末。紅白大トリ。CDTV年越しライブ。

ざっと書き出しました。この他、ほんと、本当にたくさんの事があって、本当に本当にたくさん、すまさんは働いていました。ずっとずっと走り続けていました。
すま手帳は月日を重ねるごとに黒くなっています。

それでも、すまさんはあたしたちに訊きます。

「SMAPはちゃんと返せてますか?」

と…。

こんなにたくさんの、溢れるほどたくさんの大きな大きな大きな大きな大きな愛をもらっているのに…。

ねぇ?あたしはちゃんと返せてますか?

SMAPは最高の宝物です。
SMAPこそ、最高のgiftです。
宝物は、SMAPの全部です。

ねぇ?あたしはちゃんと返せてますか?

いいえ。
ちゃんと返せていない。

どんなに叫んでも、どんなに声を出しても、伝えきれない、言い足りない。

伝えきれない間に、またたくさんの愛をもらって、贈り物をもらって。
まだ、前の前の前の前の前の贈り物のお礼もちゃんと伝えきれていないのに。

きっと、死ぬまで、伝えきれないまま。
だけど、それでも、大きな声で、精一杯の愛で、全力で、ありがとう、と伝え続けたい。


SMAPの気持ちの温かさに、
SMAPの愛の大きさに、
SMAPという最高のgiftに、

2012年は、

包まれて、見守られて、

とてもとても幸せな1年でした。

淋しさでも、哀しさでもなく、

その幸せな気持ちに、溢れる愛に、涙が止まらなかった。



2013年、SMAPには少し、ゆっくりしてもらいたい。
だけど、きっと彼らは、歩みを止めず、ずっとずっと走り続けるんだろう。
全力で。
あたしは、置いて行かれないように、必死に追いかけて、追い続けて、ありがとう、と叫び続けて。
今年の終わり、どんな事を思ってるのか、楽しみです。
きっと、今よりも、もっともっと幸せな気持ちになっていて、今よりも、もっともっとSMAPを好きでいるだろう。
そんな自分、嫌いじゃない。


SMAPに出逢えて、SMAPを好きになって、SMAPを愛してる事に、幸せと感謝を実感した。一昨年よりも更に。
だから。
きっと。
もっともっと、そう思うはず。
SMAPが手を差し伸べてくれてるから。

一緒に。

前に!

前に!

















ほんっと、超絶多忙超絶怒涛の年末でした!
もう、ほんっと凄まじかったです!

紅白の大トリは、やっぱ他と違っていて、もう、胃痛と心臓が痛いのと震えが止まらない緊張でした。Momentで泣いて、さかさまで泣いて。でも中居さんが連れていかれるのに笑って、パリピアが(今はスマッホだね)あほみたくオフマイクだと分かってる確信犯で蛍の光を歌ってるのに笑った。
チャンネル変えて、中居さんを確認して笑って。
CDTVのSPライブで発狂して、泣いて、笑って、発狂して、泣いて。
2011年よりも感情目まぐるしい年越しでした。
脱獄衣装は反則だよね。ほんと。
HIKARI、やってくれて、本当に本当に本当に嬉しかった。だって、DVDより画質よく残せたしね。有難かった。
まさかの大トリ、The Monstersで。
この凄まじすぎる年末が、1/1am5:00で終了したわけです。
ほんっっっっっとに、目まぐるしかったよね、本当に。

本当に楽しい1年でした。
本当に幸せな1年でした。

今年がどんな年になるのか、まだわからないけど、きっと幸せな1年であることは間違いないだろうね。

あたしも、初詣、行ってくるよ。
来週末は、大阪だよ。
年始からすぐに楽しみいっぱいだよ。



改めまして、

昨年中、一気に更新数が減ったのですが、来て下さったみなさま、拍手をくださったみなさま、本当にありがとうございました。
今年もこんな感じだと思いますが、気が向いた時とか、暇すぎてどうしたらいいかわかんない時とか、そんな時に遊びにきていただければ、光栄に思います。

みなさんにとって、2013年が笑顔の絶えない、ステキなステキな幸せな、愛に溢れる1年になりますように…。


本年もよろしくお願いいたします。


2013.1.2. 3:31am





03:25  |  すまさん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |