FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012.12.26 (Wed)

宝物は貴方たちの全て(2012/12/24ネタバレ有)

2012.12.23(日)
7:15ぐらいから仕事を始め、12:00に終わらせ帰宅。支度をして出発。15時台の飛行機で羽田へ。乗り継いで新千歳へ向かう。夕食にお寿司を食べる。お土産を先に買った。新千歳から札幌まで快速で移動。ホテルにC/IN。さんすまが既に始まっていた。TLやら見た感じから、ほぼ、ながら見。誰が罰ゲームだとかもうどうでもよくなっている。歌も以前の収録の方が断然良かったと思った。罰ゲは中居さん。中居さんの根性、木村さんの笑顔、吾郎さんの優しい見守り、剛と慎吾のバラエティ要素。すべてが噛み合って、最後の最後だけ、たぶん、面白かったんだと思う。お風呂に入って寝る。
121223_1 ←カエラがスマステに来た時披露した写真の場所はここだと思ってあたしも撮影。新千歳空港のラーメン道場?!だったかな。そこの入口だった。
121223_2 札幌駅前。こんなに積もっていた。80cm~90cmは場所によってはあった。

2012.12.24(月祝)札幌:晴れ時々曇り雪
起床後、朝食。支度を済ませ出発。チョッパーマン目的の為、気持ち焦りながらドームへ向かう。
クリスマス寒波が到来する、という予報だった。チョッパーマンの為だけに。ワンピ好きだし。どれぐらい並ぶかわからないし。どれぐらい寒いのかもわからない。ヒートテックを何枚も買って、イージーウォームパンツを購入し、ヒートテックのタイツやらハイソやらソックスやらも買い。全て着込んで行くつもりだった。が、幸いにも、着ていったのは、ヒートテック2枚・シャツ・カーディガン・ロングのライトダウン・ストレッチジーンズ・ヒートテックソックス・ヒートテックタイツ・ヒートテックハイソ・レッグウォーマー・スノーブーツ・ニット帽・ストール・手袋。ほんとは、下半身はこれの上から暖パンを履く予定だったし、上はカイロを貼る予定だった。よかった。思ったよりも全然で。無事にチョッパーマンを購入し、時間を見て、ホテルに一度戻る。不要な荷物を置いて直ぐに出発。思ったよりも混んではなかった。
121224_1 121224_2
少し曇っていて、雪がチラチラと舞っていた。14:30ぐらいかな、ドームについたのは。TLで「機材調整の為開演が遅れてる」と聞いていた。入場して、お腹が空いていたので、ドーム(5大ドーム全て)で初めて、がっつり食事(ラーメン)をした。トイレに並ぶも長蛇の列。最悪、5分前でも目処が立たなければトイレは諦めようと考えた。運良く用を済ませ、席についたのが開演時間5分前。
16:00
始まらない。
あ~、これは、あれだな、と思い始める。
では、いつだろう。
あれこれ支度しながら、ぬぼーって考え事をしてた。
そして、16:30、開演。
終演は20:50頃。
規制退場。外に出たときはもう既にドラマが始まってる時間で、生放送部分はロイズの前の方にいた。
地下鉄に乗って、札幌駅で降りて、ご飯調達して、ホテルに戻ったのが23:32。既にスマスマは終わっていた。
お風呂入って、寝る。


2012.12.25(火) 札幌:晴れ時々曇り
起床後、朝食。支度をしてC/O。快速が混んでる、とは聞いていたが、指定が満席だとは思っていなかった。電車の中で腹痛と戦いながら新千歳へ。慌ててトイレに駆け込む。
手荷物預けにも並んでいると聞いたが、本当に激混み。妹が並んでくれてる間に、もう少し見たかったお土産を物色。いくつか購入し、妹と合流。途中、上司から電話。昨日のスマスマ視聴した上での電話。少し時間があったからカルビーへ。
121225_1 121225_2←ポテりこがすんごい美味しかった!
友だちと会い、お別れし、搭乗口へ。
121225_3←新千歳搭乗口からの光景。
飛行機の到着が遅れていて、30分遅れで出発。及び広島に到着。リムジンに乗り、広島駅へ。電車に乗って、18:30頃帰宅。



さて、SMAPさんは、というと。

12/21(金)生放送・ミュージカル・ドラマ撮影・諸々仕事→MステSPに出演(21:00前まで)。
12/22(土)札幌へ。コンサ1日目。終演後、すぐさま帰京。
12/23(日)さんすま生放送。バンキシャ生出演。
12/24(月)4スマ札幌入り・慎吾いいとも出演。慎吾中抜け移動・4スマリハ中中継。慎吾移動。15:30機内。16:30開演。20:50終演。ドラマ生放送。スマスマ生放送。宿泊。
12/25(火)帰京。いいとも・ミュージカル。火曜曲生放送(ジャニメドレーも有)。

もう、わけわかんないスケジュール。
怒涛、という言葉が陳腐に思える。




さて。オーラスの話。

正直、頭の中が整理出来てない。
まだ、夢の中にいるような、あれは夢だったんじゃないか、と思うような、そんな感覚でいる。
レポは結構上がってるから、読まれた方も多いだろう。
なので、うーん、どうしよっか。
一応、隠します。

が。

整理できてない頭ん中なので、多くは書かない。
ネタバレのうちに入んないよ、っていうのを書く。
感想。

More・・・

------------------------------------------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------






以前は、オーラスを迎え、メンバーの挨拶を聞いたりする中で、終わってしまう事が、本当に淋しくて、悲しくて、それで涙が溢れていた。

ウィアスマの時だったかな。
中居さんが、「その淋しいって気持ちを忘れないでください。次に会った時、その気持ちと同じだけ楽しいって思えるから」みたいな事を言ってた。

そう。
オーラスって、本当に終わってしまうのが淋しくてたまらない。



今回は、少し、違った。

もちろん、淋しいっていう気持ちがないわけじゃない。淋しい。どれをとっても、今日でこれを見るのは最後なのか、と思うと、全てが淋しいし、なんで、今見ているもの全てを記憶に残せないんだろう、と思ったり。
こんなに楽しい時間が、こんなにもあっという間に終わる事が本当に淋しいと。

でも、今回は、少し違った。

淋しい、っていう気持ちよりも、さらに大きく、さらにたくさん、すまへの感謝の気持ちが増していたから。

木村さんは言った。「いろんな事があったけど、背中を押してもらってきた。これからも俺らと前に前に」と。
背中を押してもらったのは、あたしの方だ。木村さんたちの背中を押した感覚は全くない。いつも押してもらってばかりで、押す事は、したくても、出来てない、と思っている。本当にこの人は、すまが好きなんだな、と、紡ぐ言葉から受け取れた。そして、泣いた。

クサナギは言った。「年々みんなの事を好きになっているし、年々年々メンバーの事も好きになっている」と。
剛から溢れ出すあたしたちへの愛と、すまへの愛。両手でも全身でも受け止めきれないほどに溢れている。そんな剛が大好きで、大好きな剛が好きと言ってくれていて、本当にすまの事が大好きで仕方ないんだな、と溢れ出る全てから汲み取れた。メンバー個々への言葉も温かく優しかった。そして、泣いた。

吾郎さんは言った。「ギフト交換出来たかな。普段は言わないキャラだけど、愛してます」と。
普段言わないからこそ、その場で言おうとしてくれたこと、言ってくれたこと。それだけでもう十分すぎるギフトでしか無い。今年も吾郎さんの笑顔がとても印象的だった。この人の笑顔の為にあたしは何が出来るだろう。何をしているだろう。笑顔の為になんだってする、と改めて思った。そして、泣いた。

中居さんは言った。「年を取ると話が長くなるからコンパクトに。言わないキャラだけど…やっぱ言えない。一緒に年をとって行きましょう」と。
中居さんが締めをしなくなった。それは、中居さんなりに考えがあって、慎吾にそう伝えたんだろう。口ではカッコいい事がもう言えないと言ってたけど、そうではない何か。最後の一言だけで充分だ。C5終了直後、手を繋ごうの時、少し目がうるうるしているように見えた。見間違いだとしても、何かしら中居さんに感じる物があったんだろうな、と。思った。そして、泣いた。

慎吾は言った。「Xmasパーティーの待ち合わせで5万人を待たせてる。押しつぶされそうだった」と。
終始、謝り通しだった慎吾。そんなに謝らなくていい。もう謝らなくていい。慎吾が悪いわけじゃない。わかってるから。知ってるから。それでも謝り続ける慎吾が目の前にいた。きっとあたしは生涯経験しない重圧だったんだろう。それでも慎吾は目の前に来てくれた。凄まじい時間の流れをくぐり抜け、歌い踊ってくれた。もうそれだけで充分。そして、泣いた。


終わる事が淋しい、という気持ちよりも、すまにありがとう!って気持ちの方が強くて大きくて。でも、どうやって伝えていいのかわからなくて。大きな声でありがとう!と精一杯叫んでも、それだけじゃ伝わらないような気がして。だから、「すまっぷはちゃんと返せてますか?」と不安にさせて。どれだけ思いを込めて、どれだけ喉がかれるほど叫んでも、きっと、伝わりきれない。それだけじゃ足りない。追いかけてばかり。それなのに、ありがとうとか愛してますと言ってくれるすまが愛おしくて、あったかくて、優しくて。
もう、2度と、クリスマスイブをすまと一緒に過ごせる事も、札幌でこうやって過ごす事もないかもしれない。来てよかった。本当に来られてよかった。すまもだけど、来させてくれた家族、友だち、会社への感謝も一緒になって混ざって。最高のクリスマスイブ。もう、一生忘れることの出来ないクリスマスイブ。
それを思うと、また涙が出た。

だから、また、これから先も、すまに全力でついていく。全力で、全身全霊でありがとう!と叫びながら。












さて。いくつか、覚えてる所だけど。

クリスマスメドレーは、【オレンジ】のあと。衣装は黒ベロア(ぽかった)に各色ストールで。
JCは2012年のすまのお仕事を振り返るVTR。
上海(見れると思わなかった!)、OJM、ゴロデラ、ATARU、さかさまPV、27hTVのマラソン(木村・吾郎合流、しんつよハグ、剛の涙)、ロンドンオリンピック、MomentPV、PRICELE$S、MONSTERS、ぼく戦、恋音、ギフスマコンDVD。
何か抜けてるかもしれないけど。
27hTVのは見た瞬間に、ぶわーーーって泣いた。
で、GIFT from SMAPが流れ、すまが歌う。後ろの頭上には、みーーーんなの思いがこもったクリスマスツリー。いろんな人の思いがそこに集まってきて、ツリーができていることに、また涙が出た。
X'smap、クリナイ、雪が、のメドレー。

日替わりは、雪がのウラスマverだった。愛の灯、こないねぇ。もう、こんなにこないって事は、何かしら大人の事情で歌えないんじゃないか、と思うようにしたww

Wアンコは、$10と青イナ。
挨拶後、トリプルアンコ、夜空。俺明日でシャンパンかけ。慎吾はサンタコス(下半身はおパンツだけ)、中居さんはマコちゃん。
シャンパンかけは、席の関係から剛がうまく探せなかったのが残念。
中居さんと吾郎さんがかけあってる所、中居さんが慎吾にかけてる所、どんぐりがかけあってるところはがっつり焼き付けました。
寒さからプルプル震える剛。最後も中居さんに水をかけられ、慎吾にプレモルをかけられ、プルプル震えながら、濡れたTシャツを客席に投げたのかな?で、その間、中居さんはいなくなって、慎吾が待ってて。慎吾と剛が肩抱き合って、消えていって、終演。今年も、しんつよでコンサが全て終了したわけであります。


あと、印象に残ってる所。
ツイにも少し書いたけど、唐獅子、ダンサーさんが剛に駆け寄る所。剛が抱きとめるんだけど、そんときの剛の表情があまりにも優しくて。ガシッてなったあと、ダンサーさんの顔を見て、ニコっうん、って感じで。優しすぎる!

あと、C5。剛の、生なあに?からの豹変が今まで見た中で1番すごい迫力だった。

心配になったのは、剛の声。22日がどうだったのかわからないし、今日の火曜曲を見る限り、まだわからないんだけど、喉、大丈夫なのかな?って。舞台で嗄れたまま、というか、喉、潰れて、ないよね?みたいな。そういう感じがしたので、ちょっと心配でした。気にしすぎならそれでいいんだけどね。ネガティブー!

MCは、ごろなかのもしも悪天候だった場合の移動の件。夜空中にいなくなった中居さん暴露の木村。剛から慎吾への労い。サタスマの挨拶と握手。きむごろの内緒話。そのほかにもあったんだけど、順番も思い出せないぐらい、ぐしゃぐしゃしてます、頭ん中。泊まりになったから少し長く喋れるねって言ってくれた中居さん。

さかさまに入るとき、あまりにもすんなりいきそうになった剛への公開ダメだし。トイレットペッパーマンというまさかのチョイスをした神・クサナギ。

ところどころ、剛が、こう、感慨深くなってるようにも思えて、それでまたこっちもグッときました。


本当に、最高のクリスマスイブでした。
もう、2度と、こんなXmasはないでしょう。
たくさんのGIFTをありがとう!
凄まじい怒涛のスケジュールの中、本当にありがとう!
予報が外れたのは、すまとみんながいたからだよ、きっと。


とりとめなくなるから、このへんでやめます。こんなんで、ごめんなさい。
02:24  |  すまこん  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://etsu4024.blog50.fc2.com/tb.php/1492-c43e0f3b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |